クリックすると公式HPへジャンプします

第27回
インターフェックスジャパンに出展
いたしました

 この度、7月2日(水)より3日間、東京ビッグサイトにて開催されました『第27回インターフェックスジャパン』に出展し、大勢のお客様が弊社のブースにお越し下さりました。

 おかげさまで大盛況のうちに幕を閉じることができました。弊社ブースに、ご来場頂きました方々にはこの場をお借りして、厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

 ブースでは、たくさんのパネルやサンプルを展示して見て頂き、高周波加熱装置の説明をさせて頂きました。

 また、デモンストレーションでは、スムーズなプレスの様子や、短時間で高品質な溶着ができるところを実際に見て頂きました。超高感度スパーク検知装置の搭載によりスパーク時の電極への損傷を防止できる点や、最新の加圧トルクセンターにより加圧状態の異常を検知する点等も好評でした。

 開催中、十分な対応ができず至らない点があったかと思います。この場を借りて、お詫び申し上げます。今後、更に詳しい説明のご要望、ご相談等ございましたら、遠慮なくお申し付け下さいませ。

 

【サーボプレス式高周波ウェルダー YTO−8XD型】

特長

サーボモーター式(トルク・厚み制御)
スーパーコントロール式(高速同調式)
超高感度スパーク防止回路
データロガによる出力等の波形管理が可能

用途

極厚物溶着、成形等の厚み規制が必要な加工・医薬用液体バックの製造
各種フィルムの溶着、溶断、加熱加工、異種材の特殊溶着(ガラス等)

【ロボシリンダー式半導体卓上ウェルダー YRP−400T−RC型】

特長

卓上式高周波ウェルダー
ロボシリンダーでの厚み規制
AC100V電源のみでの機械動作が可能

用途

低出力制御可能で省エネ
コンパクト設計で装置へのドッキングが容易

 高周波溶着装置の設備計画をされているお客様、弊社工場にテスト機を設備しておりますし、
デモ機もご用意しておりますので、お気兼ねなくお問い合わせ下さいませ。

       ◇取り扱い製品◇

       ・高周波連続製袋装置   ・輸液バック製造装置 ・高周波加熱装置
       ・高周波解凍装置   ・マイクロ波加熱装置 ・半導体式高周波発振装置

 

ご質問、お問合せ先  山本ビニター株式会社 高周波テクノ事業部
本社: (担当:和田) TEL 06-6771-0606 FAX 06-6771-6898

東京:

(担当:永吉、下木原) TEL 03-3861-0437 FAX 03-3861-0438
名古屋: (担当:梅本、荒崎) TEL 052-521-7571 FAX 052-531-3822
  HP:http://www.vinita.co.jp/ E-mail:techno@vinita.co.jp

  

クリックするとTOPページに戻ります